ATLASプレミアム - 製品情報
本文へスキップ

ATLASプレミアムテクニカル分析を駆使したシグナル表示や値動き監視によって株トレードを支援するソフト

NEW! ATLASプレミアムのデイトレード機能が大幅強化されました。
詳細はこちら

ATLASプレミアムの特徴

ATLASスタンダード版では、当日のデータを元にした情報しか表示されませんでしたが、プレミアム版は、時系列データを用いたテクニカル分析情報を駆使することで、株価のトレンドを把握し、移動平均線の上抜け・下抜けのリスト表示やシグナル表示により、上昇しているのか下降しているのか安値圏にあるのか高値圏にあるのかを意識したトレードが可能になります。テクニカル分析によりデイトレードだけでなく、スイングトレードにも利用可能です。移動平均線の上抜け・下抜けをザラバ中にリアルタイムにリスト表示およびポップアップシグナル表示されるためデイトレードでは買いや売りにより適したタイミングを見つけやすくなります。

プレミアム版ではスタンダード版のすべての機能に加え、以下の5つの機能が追加されています。

1.日足テクニカル分析によるリアルタイム指標とシグナルのリスト表示

ATLASプレミアムでは、テクニカル分析は、移動平均(5日,10日)とMACD(9日−20日)とストキャスティクス(5日)による分析を全登録銘柄に対してリアルタイムに行っています。通常のテクニカル分析が終値の時系列データを基にしているのに対して、ATLASプレミアムではザラ場中の現在値も対象にしてリアルタイムに計算にしているため、現在値の変化に応じてテクニカル分析によるシグナルが発生します。

ATLASプレミアムのリストには、スタンダード版の項目に加えて10日移動平均乖離率と5日移動平均乖離率とSTC(ストキャスティクス)の項目が右側に表示されます(下図)。移動平均乖離率は、移動平均の値が現在値とどれだけ乖離しているかを%で表しています。これらの項目が色付けさて表示されるため上抜け・下抜けしたサインや高値圏にあるのか安値圏あるのかが一目でわかります。また10日/5日移動平均乖離率とSTCの項目は、ヘッダーをクリックしてソートすることができます。ソートすることで移動平均を抜けた銘柄を簡単に見つけられ、また、これらの情報は市場が閉じている時間帯でも表示されるので、スクリーニングに役立てることができ、スイングトレードや中期トレード用の銘柄抽出・分析ツールとしも利用可能です。



ATLASプレミアムでは、10日移動平均と5日日移動平均とMACDおよびストキャスティクスが上抜けまたは下抜けるすると上図@からCのようにリストに色付けされて表示されます。

10日/5日移動平均

10日/5日移動平均では宵越しで(日付をまたいで)抜けた場合と当日に抜けた場合が区別されて色付けされます。宵越しで上抜けた場合とは前日の終値は移動平均線より下にあり、当日に移動平均線を上抜けた場合です。それに対し当日に上抜けた場合は、前日の移動平均線との位置関係に関係なく始値が移動平均線より下にあり、現在値が移動平均線より上にある場合です。

 右チャート@のように、10日または5日移動平均線を上抜けた場合は10日または5日移動平均乖離率の値のバックカラーが買いシグナルを示すピンク色で表示されます。逆に下抜けた場合は売りシグナルを示す水色で表示されます(上図@)。  
 同様に右チャートAのように、当日に上抜けた場合は薄い赤色、下抜けた場合は薄い青色で表示されます(上図A)。  

MACD

MACDのシグナルは、通常はMACDラインとMACDシグナルがクロスした時点を売買タイミングととらえていますが、クロスのタイミングでは若干遅れる傾向があります。そこでATLASプレミアムでは、MACDシグナルのクロスタイミングでのシグナルに加えて、MACDラインが陽陰転したタイミングにシグナルを表示しています(現在クロスのシグナルは廃止中です)。
MACDラインが陽陰転するとポップアップシグナルへの表示と銘柄名のバックカラーが色付けされてシグナルが表示されます。MACDラインが下向きから上向きに変わる、つまり陽転すると銘柄名のバックカラーがピンク色で表示され、陰転すると水色で表示されます(上図B)。


 右のMACDのチャートのように、MACDラインが陽転(下向きから上向きに転換)すると、このような銘柄名のバックカラーがピンク色で表示されます(上図B)。

MACD陽陰転では、MACDラインとシグナルラインの交差よりもより早いタイミングでシグナルが表示されます。
 

ストキャスティクス

ストキャスティクス%Kが%Dを上抜けて買いシグナルを示すピンク色で表示されています。逆に%Kが%Dを下抜けると売りシグナルを示す水色で表示されます。

 右図のように安値圏でリバウンドしたような銘柄がピンク色で表示されます。  

これらのリストに色付けして表示されるシグナルは、当日に上抜けまたは下抜けした後その抜けている状態が続く限り常時表示されます。また、ザラ場が終了した後に起動しても表示されます。次のポップアップシグナルは抜けた瞬間にリアルタイムにポップアップウィンドウに表示されるという違いがあります。

2.日足テクニカル分析によるポップアップシグナル

日足テクニカル分析によるポップアップシグナルは、移動平均用とMACD用とストキャスティクス用があり、それぞれ上昇率(一定時間当たりの株価の上昇・下落率)と組み合わせた条件で指定します。上昇率と組み合わせるのは、移動平均付近で上下するような値動きでは頻繁にシグナルが発生するので、強い上昇を伴って上抜けするような動きのときにポップアップシグナルを出すためです。移動平均線抜けのポップアップシグナルでは、シグナルを出すとき株価が何%以上上昇しているか(何%以下下落したか)、また、移動平均線の何%上で上抜けしたか(何%下で下抜けしたか)というように条件を細かく設定できます。移動平均用シグナルは、さらに宵越しと当日を個別に設定でき、MACD用シグナルでは、MACD陽転・陰転を個別に設定できます。

STCの売られすぎゾーン、買われすぎゾーンの値は、リストに表示されるものと同じ%Dを意味しており、その指定した範囲内で上抜けまたは下抜けの条件を満たすとポップアップシグナルが発生します。つまり、STCシグナルは売られすぎの状態からリバウンドした場合のような逆張り系の指標になります。それに対し、MAシグナルは平均線を越えて勢いが増していくのを判断する指標になります。

 
 
 

NEW!3.分足テクニカル分析によるポップアップシグナル

ATLASプレミアムには、上記の日足テクニカル分析に加えて新たに分足テクニカル分析によるシグナルが追加されました。ATLASプレミアムの分足テクニカル分析シグナルは、スタンダード版の分足テクニカル分析と異なり、以下のようにシグナル数がより豊富にあります。

  • MACDシグナル(1分足・5分足・15分足)
  • MACDラインと0ラインのクロスシグナル(15分足)
  • 移動平均線抜けシグナル(1分足・5分足)
  • 移動平均線同士のクロスシグナル(5分足)

MACDシグナルはスタンダード版と同様に「上昇率」と組み合わせることで騙しシグナルを排除して表示させることができます。「上昇率」以外にも「板比率」や数種類のMACDシグナルや移動平均線抜けシグナルからユーザーが条件を組み合わせてお好みのシグナルを定義し、ポップアップシグナルで表示することができます。たとえば、MACD1分足とMACD5分足の両方が上抜けたときにシグナルを出すという使い方が可能です。また、移動平均線抜けシグナルは本数(期間)を任意に設定することができます。

ポップアップシグナル以外にも、本体のリストに5分足移動平均乖離率の項目が追加されました。これにより各銘柄の現在の株価が移動平均線からどのくらい離れているかをリアルタイムで把握できます。

さらに、ATLASが取得したデータから分足時系列データを保存する機能が追加されましたので、寄り付き直後からシグナルを表示できるようになりました。スタンダード版のMACD等の分足テクニカル分析シグナルでは、当日のデータのみから計算されていたため、シグナル表示されるまでにどうしても時間がかかりました。

(註)ATLASのデータ保存機能をご利用する場合は、9:00過ぎに起動、15:00前に終了すると、データが欠落するため正しい分足テクニカル分析シグナルが表示されなくなります。データ保存機能を利用されなくてもシグナルは表示されますが、表示されるまでに時間がかかります。

 

4.出来高シグナル

過去の平均よりも出来高が急増した場合は、株価の天底や上昇下落の節目のサインを表し転換するタイミングになることがあります。
ATLASプレミアムの出来高大シグナルは、過去3日間の出来高の平均(5分足)に対して当日の出来高の剥離が大きいときにポップアップシグナルを表示します。剥離の大きさは過去の平均値に対して2.5倍、3倍以上のように任意の値で設定できます。
当然寄り付き直後は出来高が大きくなりますので、寄り付き後一定時間は設定値のさらに2倍で比較しています。

5.マーケットスピード連携機能

ATLASプレミアムではマーケットスピードとの連携機能があります。連携機能には、自動ログインとチャート表示、市況情報表示の機能があります。自動ログイン機能は、ATLASを起動させるだけでマーケットスピードの起動とログインおよびRSSの起動を自動的に行います。

ATLAS本体のリストおよびポップアップシグナル、シグナル履歴に表示される銘柄のコードをクリックすると、個別
チャートを表示します(下図)。リストの現在値をクリックすると市況情報を表示します。

 

 

 


また、マーケットスピード連携機能ではありませんが、銘柄名をクリックすると、その銘柄の「始値」「高値」「安値」「出来高」「ボラティリティ」「決算発表日時」等の情報を表示します。「ボラティリティ」は高値から安値の値幅の過去7日間の平均を表します。

ATLASスタンダードとプレミアムの主な共通機能

  • これまでのバージョンでは9時前は「板比率」と「総板比」が見れませんでしたが、リアルタイムに更新表示するようになりました。さらに、特別買い気配と特別売り気配を知らせる「特買」「特売」のポップアップシグナルも9時前に表示されるようになりました。これらのシグナルにより寄付き前の状況確認、銘柄選択がより効果的にできるようになります。
  • ATLASの最大の特徴は、値動きの大きさを数量化した「値動き」、板状況が買い気配が優勢か売り気配が優勢を数量化した「板比率」と「総板比」、そして一定時間前から現在までの時間間隔の異なる「3つの上昇率」の値を合わせてリアルタイムで監視できる点にあります。最大300銘柄まで登録できます。
  • 「値動き」「板比率」「総板比」「上昇率」はぞれれぞれ値が大きい順にソートすることができます。
  • 「値動き」は、表示時点の株価の動きの活発度を数値化して表したものです。値が大きいと株価の値動きが大きいことを意味しています。値動きがないと少しずつ値が減少していきます。
  • 「値動き」の値を条件指定して、値動きの悪い銘柄のシグナルを制限することができます。
  • 「板比率」「総板比」は、買い優勢の場合はプラス、売り優勢の場合はマイナスで表示されます。値がプラスで大きいほど買い板が厚く、マイナスで値が大きいほど売り板が厚い状態を表します。売り買いが同じ場合は1.0になります。
  • リストには「買い推奨銘柄リスト」「売り推奨銘柄リスト」の2つがあり、売りトレードに対応しています。ある銘柄の「上昇率」がマイナスの場合は下降、「板比率」がマイナスの場合は売り優勢を意味しており、その場合、「売り推奨銘柄リスト」に表示されます。
  • ポップアップシグナルには、「上昇率」と「板比率」を組み合わせて指定する「急騰」「急落」「リバウンド」「反落」「上昇」「下落」さらに「MACD▲分」「MACD▼分」と新しく「STC▲分」「STC▼分」シグナルがデフォルトで登録されており、これらのシグナルとあわせて最大10シグナルまで登録することができます。このほかに、特別買い気配と特別売り気配を知らせる「特買」「特売」があります。
  • ポップアップに表示されたシグナルの履歴一覧を表示する機能があります。さらに銘柄ごとに個別シグナル履歴を表示する機能があります。
  • シグナルが発生すると設定した色のマークがリストに表示されます。
  • シグナルの発生をメール送信によってお知らせできます。メール送信する銘柄を一部の監視銘柄だけに限定することができます。
  • IPOの自動登録機能があります。
  • その他の機能としては、多くの銘柄から監視し続けたい銘柄をわかりやすくするためにを付ける機能や、株価が指定した値になったのを知らせるアラート機能があります。


(註)銘柄名とコードは架空のものを使っています。実際のATLASの動作では正しい銘柄名とコードが表示されます。OSやバージョンによっては実際の画面と異なる箇所がある場合があります。

ATLASプレミアム版の価格

\49,800(消費税込み)

上記は、1ライセンスの価格です。1ライセンスにつき1台のPCにのみインストールできます。複数のPCでご利用になりたい場合は、割引価格で追加ライセンスをご提供致します。ご希望の方は、ご購入後お問い合わせください。

  お支払い方法: 銀行振込(ジャパンネット銀行)


 

 ご購入はこちら

 お問い合わせはこちら

旧ATLASプレミアムからのアップグレードはこちら

動作環境について

  • 楽天証券の口座をお持ちでマーケットスピードが利用可能であること
    マーケットスピードは、信用取引口座・先物・オプション取引口座、楽天FX取引口座
    のいずれかを開設済みであれば、無料でご利用できます。
  • OS:Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista
  • インターネット接続(20Mbps以上をご推奨)
  • 前提ソフトウェア:.NET Frameworkバージョン3.5以上(製品インストール時に自動チェックしますが、必要に応じてマイクロソフトのWebサイトをご案内します。)

体験版について

  体験版では、14日間無料で、ATLASスタンダード版の全ての機能をお試しになれます。メリットにご納得された上で、製品版をお求めいただくことができます。

無料体験版ダウンロードはこちら

(註)体験版をご利用になるには、起動時にユーザー登録(無料)していただく必要があります。ユーザー登録は、製品のバージョンアップ、キャンペーンや特典のご案内等をお知らせさせていただくものです。投資助言を行うための会員登録ではありません。ご連絡の取れないメールアドレスで登録すると、仕様変更や不具合対応バージョン等のお知らせをお伝えできないため、お試し期間が短くなったり、正常動作しなくなる場合があります。また、製品のご購入については体験版でユーザ登録を行わなくても直接ご購入していただくことができます。ソフトのライセンス認証をすることでご利用になれます。


注意事項

  • 楽天証券に口座をお持ちでない方は、ご購入後、必ず口座を開設してください。 ATLASは楽天証券のRSSを利用して動作していますので、RSSの仕様変更やサービス終了等により、突然動作しなくなる可能性があります。もし仕様変更があった場合、修正可能であれば、変更箇所の量に応じて無償または有償のバージョンアップを検討します。サービスの終了はまずないと思いますが、万が一あった場合は別会社への対応版を検討します。万が一対応版をリリースできなかったとしても返金は致しかねます。また、対応版の開発中はツールをご利用できなくなりますが、その間の金銭的な補償は致しかねます。
  • ATLASは補助的な情報を提供しますが、情報が絶対的に正確であること、将来の株価が情報に基づく値動きをすることを保証するものではありません。最終的な投資判断は、お客様ご自身の責任において行ってください。

バナースペース

株式会社サイバーウィザード

お問い合わせ
 メールのイメージ